エレミヤ牧師のメッセージ&聖句から教えていただいたことです。【新約編】

画像

「『おし』ということばを通して語っていること」

※礼拝のメッセージをはじめ、エレミヤ牧師から教えていただいた範囲の中で書かせていただきました。その旨、ご了承いただき、よろしければ、お読みください。尚、エレミヤ牧師をはじめ、当レムナントキリスト教会は、基本的には新改訳聖書を用いておりますが、しかし、ケースバイケースにおきましては、ヘブル語&ギリシャ語の原語、もしくは、原語の写本にかぎりなく忠実な訳であり、また、「権威ある訳」とも言われている「KJV(King James Version)訳」のほうを採用させていただく場合がございます。そのこともご了承いただけましたら、幸いに思います。

【聖書箇所】ルカの福音書11:14
11:14 イエスは悪霊、それもおしの悪霊を追い出しておられた。悪霊が出て行くと、おしがものを言い始めたので、群衆は驚いた。

*おし(KJV訳):口のきけない

上記みことばにおいて、「おし」(KJV訳:口のきけない)ということばが出てきます。

一般的に「おし」と聞くと、KJV訳にありますように、口のきけない人とか、ことばを発することの出来ない人、という風なことを思い浮かべると思います。

そして、聖書で言われている「おし」(KJV訳:口のきけない)とは、エレミヤ牧師をはじめ、レムナントキリスト教会では、神さまとか聖書に関することについて、今ひとつ話が出来ない人、という風なニュアンスだという風にとらえております。

しかし、そうではありましても・・・「イエスは悪霊、それもおしの悪霊を追い出しておられた。」とありますように、イエスさまが「おしの悪霊」を追い出してくださる、というときに、「おしがものを言い始めた」とありますように、話をすることが出来るようになる、ということを言われております。

そうなんです。たとえ、はじめは、イエスさまとか聖書に関する話がほとんど出来なくても・・・けれども、イエスさまにお願いしていくときに、天からの力によって、「おしの悪霊」から解放されて、話をすることが出来るようになるのです。少し信じがたいことかも知れませんが、でも、このことは事実なのであります。

かつてエレミヤ牧師が礼拝の中でご自身の証(体験談)を語られていたのですが・・・以下、エレミヤ牧師による証です。

私は17歳(高校二年生)の時に、クリスチャンたちが集まっているキャンプで、イエス・キリストを信じて救われました。その時に・・・キャンプの最終日の前日に、「明日はさいごのキャンプとなりますので、ぜひ、救われたことの証(体験談)を皆さまの前で語っていただけないでしょうか?」とお願いされました。

でも、元来、人さまの前で話すことに抵抗を感じるタイプでしたので、「はて、どうしたらよいだろうか?」と思って、「そうだ。きちんと話が出来るようにお祈りしよう!」と、そのことでお祈りしました。

そして当日になり・・・なんと、皆の前で、イエス・キリストを信じて救われたことについて、スムーズに話をすることが出来たのです。しかも、そのあとで、「とてもよく話せていたよ。」とか「良いお話だった。」という風に、お褒めのことばもいただくことが出来たのです。

以上のことを、エレミヤ牧師が語られていたのですが・・・エレミヤ牧師の体験談は、まさに冒頭のみことばの成就なのでは?という風に思いました。

ですので・・・私(シオン)もそのひとりなのですが・・・もし、今ひとつうまく話をすることが出来ないなぁ、とか、人前はどうも苦手・・・なんていう風に思われましたら、ぜひ、エレミヤ牧師のように、神さま(イエスさま)に助けを祈り求めていけばいいのではないかなぁ・・・と思います。

もし、そうかも知れないなぁ・・・なんて思われましたら、ぜひ、実践してみてください。

(by シオン)



この記事へのコメント

ぱぱにゃ
2016年05月26日 13:42
【神さまとか聖書に関することについて、今ひとつ話が出来ない人】という発想は、考えた事がなかったですが、確かにその通りだと思います。聖霊の実は自制(セルフコントロール)ですから、自分に命令すれば従うはずと、私も考えています。
管理人
2016年05月27日 09:05
コメントをいただき、ありがとうございます。ぱぱにゃさんがおっしゃるように・・・私も、「おし」という意味合いが、そうだとは思わず、外面的なことのみを言われていると思っていました。でも、その意味合いを知ってから・・・それはまさに自分のことだということを遅ればせながらも理解させていただき、感謝だなぁ・・・と思っています。それから、御霊の実に関しても、私もぱぱにゃさんと全く同じ捉えをしております。そして、ほんのわずかでも、結ばせていけるといいなぁ・・・と願っております。色々と励みとなるコメントをいただき、ありがとうございました。ぱぱにゃさんの上に、これからも神さまの恵みと祝福が豊かにありますように、お祈りしております。

この記事へのトラックバック